検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

「せめて、月に抱かれし眠りを」完結しました。

2014.07.24
せめて、月に抱かれし眠りを
 完結いたしました。最後までおつきあいくださった方、ありがとうございました。
 書いたのは五年ほど前になります。今読むと相当未熟だなぁと思いますが、「見せない書き方」という技法を初めて意識して書いたのと、あと構成にすごい力を入れたので思い入れの深い作品です。フェオドールのようなキャラは、二度とかけないだろうなぁ。
 

奇跡の歌は南を目指す

も読んでいただくと、繋がりがわかりやすくはなりますが、読まなくても傾向が全然違うので支障はなかったりします。
魔法使いの嫁 1

魔法使いの嫁 1

魔法使いの嫁 1

[著]ヤマザキコレ

スポンサーサイト

『奇跡の歌は南を目指す』スピンオフ公開しました

2014.07.08
奇跡の歌は南を目指す

奇跡の歌は南を目指す

奇跡の歌は南を目指す

[著]八谷響 [画]嘉月あすか


  担当さんに聞いてみたら、なろうとかで公開していいよと言うことだったので、公開しました。もう5年くらい前に書いた作品です。『奇跡~』でも重要キャラだったミシェールの物語で、彼に大きな影響を与えた前の主、フェオドールが出てきます。ミシェールはフェオ様フェオ様言ってますが、フェオドールがいなかったらたぶん『奇跡~』の物語成り立たなかったろうというくらい、フェオドールの存在は彼にとって大きいのです。そして、フレイはフェオドールの叔父に当たりますが、顔だけそっくりという設定です。性格は正反対です。
 かなりネタバレしていますので、『奇跡~』未読の方はご注意ください。

せめて、月に抱かれし眠りを
あらすじ
 辺境の地でひっそりと暮らしていた画家の青年ミシェールは、ある日オーランシュ公爵フェオドールと名乗る男に無理矢理王都まで連れて行かれる。そこで命じられたのはフェオドールの従者となることと、ミシェールの<力>を使うことだった。時を描く画家、ミシェールの運命は……。