【二周年】「奇跡の歌は南を目指す」

奇跡の歌は南を目指す

奇跡の歌は南を目指す

奇跡の歌は南を目指す

奇跡の歌は南を目指す

[著]八谷響 [画]嘉月あすか


 あらすじ
 ジーヌ子爵家の長女ユーリは、祖父の残した私塾で農民出身の子弟に学問を教え、領地を空けがちな両親に代わり子爵領を治めている。彼女は常に男装し、魔道具で声も男の物に変えていたが、それは女性としての劣等感からくるものだった。ある日、かつて教えていたリアーヌという娘が失踪したという知らせを受け、リアーヌが働いていた王立研究院へ駆けつけるユーリ。どうやら駆け落ちしたらしいと聞かされ、ユーリは愕然とする。
 一方、先代の国王であり今は弟に地位を譲ってオーランシュ大公となったシャルルは、友人のクロードがいなくなったという知らせを聞き、クロードの父オラニエ男爵を訪ねていた。クロードと一緒に姿を消した女性はリアーヌという名前で、ジーヌ子爵家令嬢ユーリディス姫が後見人だという。手がかりを求め、シャルルは姫に会いに行くことにする。彼が友人の失踪事件を追うのには、友情以外にももう一つ、最近世の中を圧迫しつつある謎の砂糖高騰事件が絡んでいた。
 やがてユーリとシャルルは出会い、ともに事件を追ううちに、砂糖が二つの事件を結んでいることが明らかになる――。

 デビュー作です。二年前になりますが、当時流行っていた逆ハーでライトなファンタジーというのを、「ヒロインの外の視点」から書こうとした作品です。
 主人公のユーリは絶世の美女というわけではなく、そんな自分に劣等感を持ち、且つ心ない母親や妹から「女らしくない」「女として価値がない」といわれ続けてきました。けれど祖父に見出された才覚を存分に発揮し領民のために働いてきた娘です。その劣等感と女性としての魅力に自信が持てないことから、ずっと従者のエルヴェに片思いをしています。妹のイヴェットもエルヴェが好きですが、何と従者もイヴェットを憎からず思っているという。イヴェットはいわゆる「逆ハーヒロイン設定の女の子」なので、美人だしかわいいしあと自分の理屈だけで突っ走る勢いがあります。理性的な姉とは性格の違いからも反発し合いますが、一番はやはり「好きな人が一番大切にしている女性」への嫉妬でした。ひょんなことから事件を追って旅をすることになった姉妹は、次第にお互いをわかり合っていきます。そしてユーリは、ともに事件を調査する元王様のシャルルの優しさに励まされ、長い片思いに終止符を打つ決意をします。
 シャルルは物語の二年前に故あって退位した元王様で、友人が突然失踪した事件を調査している内にユーリとともに行動することになります。在位期間は短かったものの支持者は多く、それが幼い彼の弟である今の王様に対する国民からの心配と不安となっている側面もあります。そういう不安定な国から少しでも憂いを取り除こうという思いもあり、並行して起きている「謎の砂糖高騰事件」も解決しようと考えていました。そんな中、友人とともに駆け落ちしたという女性を追っているユーリと出会い、一緒に二人を探すことになるのですが、事件の結末は駆け落ちと砂糖の事件だけでなく、彼自身の問題にまで発展します。ユーリの言葉が支えとなり、彼女とともにいたいと思うようになります。
 恋愛ものというより、群像劇に近かったかもしれませんね。他にもシャルルの従者をしているミシェールと、護衛のフレイという騎士もいます。ミシェールには未来を絵として描く力があり、それが事件解決の鍵ともなります。
 このミシェールの物語が最初にあって、そこから続編として書いたのが本作でした。ミシェールの話は「小説家になろう」で掲載しています。

せめて、月に抱かれし眠りを

主な電子書籍販売サイト
BookV 富士通
honto
ebookjapan
Renta!
Yahoo! ブックストア
music.jp
Neowing
BOOK WALKER
楽天kobo
Booklive
紀伊國屋書店
セブンネット
ひかりTVブック
電子書店パピレス
amazon
コミックシーモア
モバイルブックジェーピー
ヨドバシ.com


スポンサーサイト

テーマ : 電子書籍等のお知らせや雑談
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

既刊作品
想いを心の奥に隠し、主人に仕える白露を、思いがけない運命が待っていて……。
恋ぞつもりて

恋ぞつもりて

恋ぞつもりて

[著]八谷響 [画]可否

 初めて出会ったとき、苑は美しい少女の姿をしていた。十五年後偶然再会した彼と過ごす時が、最愛の妻を亡くした森村の哀しみを癒していき、やがて安らぎは恋へと変わっていく。しかし苑には、十五年前から彼を縛り付ける重い秘密が纏わりついていた。
桜鬼の宴 白拍子は恋を舞う

桜鬼の宴 白拍子は恋を舞う

桜鬼の宴 白拍子は恋を舞う

[著]八谷響 [画]千影透子

何年も花をつけない桜の木の下で鬼が舞う。いったい誰のために――!? ランキング参加中です。よろしければクリックをお願いします。 私、怖かったんです。変わることが…。大丈夫、俺が守るから。すれ違うかに見えた想いが重なるとき、世界は大きく動く!?
観覧車を降りてから

観覧車を降りてから

観覧車を降りてから

[著]八谷響 [画]白雪しおん

悟は行きつけの喫茶店『オリゾンテ』の経営者の一人、真澄に恋をしている。けれど真澄がいつも見ているのは、彼の兄の恋人高梨…。
これが、愛

これが、愛

これが、愛

[著]八谷響 [画]可否

突然の異母兄の死。次期当主としての生活を余儀なくされた秀二を、様々な思惑としがらみが縛り付けていく。唯一彼を救ったのは…。
夏の果て

夏の果て

夏の果て

[著]八谷響 [画]ふゆずきひかや

余命幾ばくもない兄八尋の恐れを、鈴彦は精一杯の愛で受け止める。深く求め合う二人は、夏の果てに一線を越え…
蔵

蔵

[著]八谷響 [画]はやせ桜

蔵で育てられた美しい文緒。圭輔はその世話を叔父泰之に命じられるが、その夜から官能的な愛憎の日々が始まった。
奇跡の歌は南を目指す

奇跡の歌は南を目指す

奇跡の歌は南を目指す

[著]八谷響 [画]嘉月あすか

聖マイヨン祭までに…。謎の言葉を残して失踪した娘。年に一度人々が甘い贈り物を交わすその祭りの日にいったい何が…?

賞金総額80.1万円 upppiボーイズラブ小説コンテスト 優秀作品18選

賞金総額80.1万円 upppiボーイズラブ小説コンテスト 優秀作品18選

賞金総額80.1万円 upppiボーイズラブ小説コンテスト 優秀作品18選

[著]水梨なみ : ささら和里 : 葦井 : 戸田環紀 : 瀬根てい : あずみ純 : jasmine : 鳳来みなと : 八谷響(エルス) : 峡 : 空知花 : あずみ純 : 辰波ゆう : はちみつレモン : 旅硝子 : jane : うにまにあ : night

「かなりあ」という作品で掲載されました。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
(株)パブリッシングリンクの「ルキア」というレーベルから、『奇跡の歌は南を目指す』配信中です! 詳しくは出版社サイトや公式ブログ、当ブログをご参照ください。よろしくお願いいたします!

八谷 響@エルス

Author:八谷 響@エルス
 WEBマガジンのQuqua:(ククア)様にて、八谷響のPNで作品を寄稿させていただくことになりました。少女もののハートフルラブコメになってます! (株)パブリッシングリンクより、「奇跡の歌は南を目指す」でデビューしています。よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR