第二回 ほもの草子~受と攻の移り変わり~

 なぜか感想まで戴いてしまったので、調子に乗って第二回です。

 BLにとって基本的な用語ですが、「攻」と「受」についてちょっとご説明を。どこからこんな名付けをしたのかわかりませんがとても秀逸ですね。
 これを決めなければそもそもBLという話が成立しないんだよ!というくらい大事なことです。簡単に言うと、

 攻=動く方
 受=動かない方

 という認識でだいたいあってます。しかし、最近では受攻に変化が生じてきたために、これだけではよくわからなくなってきています。もっと詳しく言うと、

 攻=入れる方
 受=入れられる方

 ですね。何を? そりゃあ、古事記風に言うと、身体の中で「なりなりて成り余れる(独断と偏見による大意:何か知らんけど余ってでっぱってるよ)」というところですね。HAHAHA。

 昔は受も奥ゆかしかったので、褥の上ではすべてを攻に任せておりました。攻はおかげですごい頑張らなきゃ駄目だったわけです。が、時代が下り読者が「そろそろパターン化してきて飽きたよね」という風になると、変化をつけなければ生き残れないのが市場でございます。攻と受も、明確な役割分担でなくてリミックス&散開をしていかなければならなくなりました。

 上記のような役割分担があったうちは、「こういう性格は攻のもの」というように性格付けもまた分類され、例えば「主導権を握りたがる受」というのはなかなか現れませんでした。何のって? そりゃあ、イザナミイザナギ風に言えば「国作りのための営み」ですな。HAHAHA。

 しかし、市場に変化が求められるとそうも言っていられないので、まさに「主導権を握る受」の出現もまた歓迎されるようになってきたのです。それに伴いスムーズに国作り的なアレを進行させるため、攻は相対的に性格が円くなります。ここに「へたれな攻」が現れたのもまた、必然だったといえましょう。

 そうなるともうバリエーションは止まりません。主導権を握る受でもさらに細分化し、「女王様的に攻を支配して国作り(仮)を推し進める受」とか、「攻を翻弄してあれよあれよという間に国作り(仮)を進めていってしまう小悪魔受」とかも出てくるわけでもう大変です。攻の変化も留まることを知らず、女王様の相手ならばMな攻とか、小悪魔の相手ならへたれとかあとうぶな攻とか、どんどこ増えていったわけです。

 何かに似ているなぁと思ったら、戦後の男女の性格の変化を彷彿とさせますなぁ。創作には世相が反映されるということでしょうか。もちろん、昔ながらのヒロインのような受とか、俺様とか鬼畜の攻様も健在でございます。

 どちらかの性格を決めると、もう片方の性格付けもそれにあったものにするというのは円滑な国作り(仮)のために必要なので、これだけは揺らぐことはないでしょう。余談ですが、「最近理想の男というのは宝塚かBLの攻にしかいない」と言われたことがあったそうです。確かにかっこいい攻ってほんとにかっこいいんですよね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

既刊作品
想いを心の奥に隠し、主人に仕える白露を、思いがけない運命が待っていて……。
恋ぞつもりて

恋ぞつもりて

恋ぞつもりて

[著]八谷響 [画]可否

 初めて出会ったとき、苑は美しい少女の姿をしていた。十五年後偶然再会した彼と過ごす時が、最愛の妻を亡くした森村の哀しみを癒していき、やがて安らぎは恋へと変わっていく。しかし苑には、十五年前から彼を縛り付ける重い秘密が纏わりついていた。
桜鬼の宴 白拍子は恋を舞う

桜鬼の宴 白拍子は恋を舞う

桜鬼の宴 白拍子は恋を舞う

[著]八谷響 [画]千影透子

何年も花をつけない桜の木の下で鬼が舞う。いったい誰のために――!? ランキング参加中です。よろしければクリックをお願いします。 私、怖かったんです。変わることが…。大丈夫、俺が守るから。すれ違うかに見えた想いが重なるとき、世界は大きく動く!?
観覧車を降りてから

観覧車を降りてから

観覧車を降りてから

[著]八谷響 [画]白雪しおん

悟は行きつけの喫茶店『オリゾンテ』の経営者の一人、真澄に恋をしている。けれど真澄がいつも見ているのは、彼の兄の恋人高梨…。
これが、愛

これが、愛

これが、愛

[著]八谷響 [画]可否

突然の異母兄の死。次期当主としての生活を余儀なくされた秀二を、様々な思惑としがらみが縛り付けていく。唯一彼を救ったのは…。
夏の果て

夏の果て

夏の果て

[著]八谷響 [画]ふゆずきひかや

余命幾ばくもない兄八尋の恐れを、鈴彦は精一杯の愛で受け止める。深く求め合う二人は、夏の果てに一線を越え…
蔵

蔵

[著]八谷響 [画]はやせ桜

蔵で育てられた美しい文緒。圭輔はその世話を叔父泰之に命じられるが、その夜から官能的な愛憎の日々が始まった。
奇跡の歌は南を目指す

奇跡の歌は南を目指す

奇跡の歌は南を目指す

[著]八谷響 [画]嘉月あすか

聖マイヨン祭までに…。謎の言葉を残して失踪した娘。年に一度人々が甘い贈り物を交わすその祭りの日にいったい何が…?

賞金総額80.1万円 upppiボーイズラブ小説コンテスト 優秀作品18選

賞金総額80.1万円 upppiボーイズラブ小説コンテスト 優秀作品18選

賞金総額80.1万円 upppiボーイズラブ小説コンテスト 優秀作品18選

[著]水梨なみ : ささら和里 : 葦井 : 戸田環紀 : 瀬根てい : あずみ純 : jasmine : 鳳来みなと : 八谷響(エルス) : 峡 : 空知花 : あずみ純 : 辰波ゆう : はちみつレモン : 旅硝子 : jane : うにまにあ : night

「かなりあ」という作品で掲載されました。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
(株)パブリッシングリンクの「ルキア」というレーベルから、『奇跡の歌は南を目指す』配信中です! 詳しくは出版社サイトや公式ブログ、当ブログをご参照ください。よろしくお願いいたします!

八谷 響@エルス

Author:八谷 響@エルス
 WEBマガジンのQuqua:(ククア)様にて、八谷響のPNで作品を寄稿させていただくことになりました。少女もののハートフルラブコメになってます! (株)パブリッシングリンクより、「奇跡の歌は南を目指す」でデビューしています。よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR