ハロウィンと夜の物語~なぜ、引っ越しをしたか~

 時間があるうちにやっつけちゃいましょう。今日は、ケイトたち一家が何で引っ越しをしたのかについて。

 恐らくレニーが小さい頃はサンフランシスコにそのまま何年か住んでいたのではないかと思われます。レニーは心臓に病気があるから、引っ越しも負担になるはずです。そして、サンフランシスコはまだまだゴールドラッシュのおかげで仕事もたくさんあり、お医者さんも多かったはず。レニーのための薬代が必要であり、常にいい医者がすぐ呼べる環境こそ一家にとって必要だったと考えられるので、この推測は的外れではないでしょう。何しろレニーはベッドからろくに離れられないであろう病弱さ、そのために父親のショーンが「身を粉にして」働かなければならなかったのですから。

 しかし、しばらくしてから、ショーンの仕事の都合で一家は引っ越しをしています。歌詞に「新しい仕事」とあるので、転職もしたようですね。そして移ったのは「山間の街」。環境は良さそうです。サンフランシスコは都会ですが、ゴールドラッシュの影響で環境問題も結構深刻だったらしいし、病気のレニーにはあまり空気もよくなかったのかもしれません。それにしても、レニーの健康状態からするとそう遠いところへ移動できたとは考えにくいので、サンフランシスコの近所のどこかじゃないかと思われます。余談ですが、「リヴァモア」という名前の街がサンフランシスコの近くにありました。でも地図で調べる限りはシエラネバダ山脈の近くのどこか、としかわかりませんでした。_| ̄|○無念

 街がどこであるかはまああまり重要がないので放置しておきますが、それにしても気になるのは引っ越しをした理由です。いきなり歌の中で時間軸が移動していますが、聞こえてくる会話の中にレニーもおり、それだけ聞けば元気そうに聞こえることから、成長に連れそれなりに体力もついていたのではないか、とは推測できます。病気は治らなかったようですが。そして初めての友達ができ、ご飯もよく食べるほど友達の存在がレニーを元気にさせていたようです。それをみて両親は喜んでいますが、二人のテンションの高さがやはり気になる方も多いのではないでしょうか。

 友達ができた日の恐らく夕食時、家族三人で心温まる団らんをしたあと、ケイトとショーンは「嬉しくて泣いた」とあります。ずっと病気で伏せっていたせいで友達のできなかった息子だから、嬉しいのは当たり前でしょうが、特にショーンの喜び方は激しいです。「今日は友達記念日だああ!」と号泣しています。もともと感情の起伏が激しい人みたいですが(プロポーズの時もテンション高かった)。確かにオーバーと言えばオーバーです。

 そのあと、その初めての友達ジョニーの姓が「リヴァモア」だったことに「神様の粋な計らい」を感じ、「可笑しくて泣いた」二人。確かにことあるごとに泣いているようなので、情緒不安定に見えます。なぜ、何が二人の感情の振幅を激しくしているのか。

 それは恐らく、レニーの寿命が尽きる日が近いという事実ではないかと考えます。

 歌詞のあとの方ですが、お医者さんがレニーに残された寿命を告知したという部分があります。二人はある時期に、レニーがそう長く生きられないことを知らされているのです。それがいつのことなのかはぼかされていますが、一番つじつまが合うとすればそれは、ショーンが仕事を変えるきっかけになったタイミングではないかと思われます。

 薬代のために「身を粉にして働」かなければならなかったショーンですが、身を粉にしてというからには、「おじさん、肉団子二つ入れて!」「今日も残業かい?」(byラピュタ)みたいな感じで働いていたというイメージです。しかし、仕事を変えて山間の街へ行ってから、三人で夕食を食べています。身を粉にしていたら家族揃って夕飯なんてとても無理ですよね。現代日本だって無理ですよね。だから忙しくしているお父ちゃんは子供達から顔も忘れられるという悲劇が起きますよ日本。そんな感じで、引っ越し以後のショーンはそんなにものすごい働いているという印象はありません。

 そして、ケイトとショーンがレニーに起きた些細なことでも泣くほど感激する理由。長く生きられない我が子が、限りのある人生の中で幸せなことや楽しいことを得たと思えば、愛情深い両親なら心揺さぶられずにはいられないのではないでしょうか。

 薬をどれだけ与えても命の限界が伸びることはなく、それならば残された時間を家族三人で過ごしたい。それこそが、引っ越しをした本当の理由ではないでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : Sound Horizon
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

既刊作品
想いを心の奥に隠し、主人に仕える白露を、思いがけない運命が待っていて……。
恋ぞつもりて

恋ぞつもりて

恋ぞつもりて

[著]八谷響 [画]可否

 初めて出会ったとき、苑は美しい少女の姿をしていた。十五年後偶然再会した彼と過ごす時が、最愛の妻を亡くした森村の哀しみを癒していき、やがて安らぎは恋へと変わっていく。しかし苑には、十五年前から彼を縛り付ける重い秘密が纏わりついていた。
桜鬼の宴 白拍子は恋を舞う

桜鬼の宴 白拍子は恋を舞う

桜鬼の宴 白拍子は恋を舞う

[著]八谷響 [画]千影透子

何年も花をつけない桜の木の下で鬼が舞う。いったい誰のために――!? ランキング参加中です。よろしければクリックをお願いします。 私、怖かったんです。変わることが…。大丈夫、俺が守るから。すれ違うかに見えた想いが重なるとき、世界は大きく動く!?
観覧車を降りてから

観覧車を降りてから

観覧車を降りてから

[著]八谷響 [画]白雪しおん

悟は行きつけの喫茶店『オリゾンテ』の経営者の一人、真澄に恋をしている。けれど真澄がいつも見ているのは、彼の兄の恋人高梨…。
これが、愛

これが、愛

これが、愛

[著]八谷響 [画]可否

突然の異母兄の死。次期当主としての生活を余儀なくされた秀二を、様々な思惑としがらみが縛り付けていく。唯一彼を救ったのは…。
夏の果て

夏の果て

夏の果て

[著]八谷響 [画]ふゆずきひかや

余命幾ばくもない兄八尋の恐れを、鈴彦は精一杯の愛で受け止める。深く求め合う二人は、夏の果てに一線を越え…
蔵

蔵

[著]八谷響 [画]はやせ桜

蔵で育てられた美しい文緒。圭輔はその世話を叔父泰之に命じられるが、その夜から官能的な愛憎の日々が始まった。
奇跡の歌は南を目指す

奇跡の歌は南を目指す

奇跡の歌は南を目指す

[著]八谷響 [画]嘉月あすか

聖マイヨン祭までに…。謎の言葉を残して失踪した娘。年に一度人々が甘い贈り物を交わすその祭りの日にいったい何が…?

賞金総額80.1万円 upppiボーイズラブ小説コンテスト 優秀作品18選

賞金総額80.1万円 upppiボーイズラブ小説コンテスト 優秀作品18選

賞金総額80.1万円 upppiボーイズラブ小説コンテスト 優秀作品18選

[著]水梨なみ : ささら和里 : 葦井 : 戸田環紀 : 瀬根てい : あずみ純 : jasmine : 鳳来みなと : 八谷響(エルス) : 峡 : 空知花 : あずみ純 : 辰波ゆう : はちみつレモン : 旅硝子 : jane : うにまにあ : night

「かなりあ」という作品で掲載されました。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール
(株)パブリッシングリンクの「ルキア」というレーベルから、『奇跡の歌は南を目指す』配信中です! 詳しくは出版社サイトや公式ブログ、当ブログをご参照ください。よろしくお願いいたします!

八谷 響@エルス

Author:八谷 響@エルス
 WEBマガジンのQuqua:(ククア)様にて、八谷響のPNで作品を寄稿させていただくことになりました。少女もののハートフルラブコメになってます! (株)パブリッシングリンクより、「奇跡の歌は南を目指す」でデビューしています。よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR